現在地
ホーム企業情報ニュースリリースお知らせ2017年

自動車保険 改定のご案内
(保険始期日2018年3月1日以降のご契約)

以下のとおり保険始期日が2018年3月1日以降のご契約を対象とするアクサダイレクト総合自動車保険の改定を実施いたしますので、ご案内いたします。詳しくは「重要事項説明書」および「ご契約のしおり/普通保険約款・特約」をご確認ください。

  1. 「被害者救済費用補償特約」の新設

    ご契約の自動車の欠陥・不正アクセス等により人身事故または物損事故が発生し、運転者等に法律上の損害賠償責任がなかった場合に、被害者を救済するための費用をお支払いする「被害者救済費用補償特約」を新設します。この特約による保険金のみをお支払いする事故は、ノーカウント事故として取り扱います。

    • (注1)この特約は全ての契約に自動付帯されます。
    • (注2)人身事故は対人賠償保険の保険金額を限度とし、物損事故は対物賠償保険の保険金額を限度とします。
    • (注3)補償の対象となる方に法律上の損害賠償責任が認められる場合は、対人賠償保険および対物賠償保険で補償します。
  2. 「日常生活賠償責任保険特約(示談交渉付)」の改定

    賠償事故を起こした被保険者が未成年者または認知症患者等の責任無能力者である場合に、その方の親権者や監督義務者等を被保険者とする旨を規定に追加し、被保険者の範囲を明確にします。

  3. 「違法改造免責」の明確化

    「車両保険」において、違法な改造を行った部分品または付属品に生じた損害を免責とする旨を明確にします。

  4. 「試験使用中事故」の有責化

    現行約款では、各補償種目(注)において、「競技・曲技・試験に使用中」または「競技・曲技・試験を目的とする場所で使用中」に生じた事故を免責としていますが、このうち「試験に使用中」および「試験を目的とする場所で使用中」を免責条項から削除します。

    (注)対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険、人身傷害補償特約、弁護士費用等補償特約

  5. その他の改定

    「普通保険約款・特約」の規定文言について、規定間の表現の統一および修正等を行います。

ページトップへ

ページの先頭へ