アクサダイレクト

現在地
ホーム自動車保険補償内容ご自身のお車などへの補償 > 車両保険

車両保険

車両保険

衝突、接触等の事故によりご契約のお車に損害が生じた場合に、損害額(修理費など)から免責金額を差し引いた額について、車両保険金(注)をお支払いします。なお、全損の場合は免責金額を差し引かずにお支払いします。(注)1回の事故につき原則として保険金額を限度とします。

保険始期日によって内容が異なります。詳しくは、「重要事項説明書・保険約款」をご確認ください。

車両保険の種類

車両保険の2つのタイプ

車両保険には、「一般車両保険(フルカバータイプ)」と「「車対車+A」車両保険(スタンダードタイプ)」の2つのタイプがあり、補償される事故の範囲と保険料が異なります。

  • 一般車両保険(フルカバータイプ)
    ほとんどの事故に対応する幅広い補償内容です。
    例えば、「単独事故」や「当て逃げ」などが心配な方はこちらの車両保険をおすすめします。
  • 「車対車+A」車両保険(スタンダードタイプ)
    補償範囲を限定して保険料をお安くした車両保険です。
    「ガードレールへの接触や電柱への衝突などの単独事故」や「ほかの車との接触で相手が不明となってしまった当て逃げ事故」などが補償されない分、保険料をおさえることができます。

一般車両保険(フルカバータイプ) 当て逃げ 電柱、ガードレール、車庫への衝突、接触 その他の墜落・転覆 「車対車+A」車両保険(スタンダードタイプ) 火災・爆発 落書き、いたずら 窓ガラス破損 台風、竜巻 洪水、高潮 車同士(*1)(*2)の衝突・接触 飛来中・落下中の他物との衝突 盗難 *1 二輪自動車および原動機付自転車を含みます。 *2 相手方の車とその運転者または所有者が確認できた場合に限り補償されます(「車対車+A」車両保険をご契約の場合)。

記号プラス

地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約

車両保険の補償範囲について

車両保険のセット状況および選び方のポイント

下記のグラフはアクサダイレクトでご契約いただいている方の車両保険のセット状況について、車齢ごとのセット率を表したものです。

車齢ごとのセット率

グラフが示すように、車齢8年未満のお車でご契約いただいている方の約半数は車両保険をセットしています。特に、4年未満の比較的新しい車をお持ちの方は、最も補償範囲が広い「一般車両保険」のセット割合が50%を超えています。このデータをもとに、アクサダイレクトは下記のようにおすすめします。

車両保険のセットの必要性は、車齢(初度登録年月からの経過期間)や運転する方の運転技術、補償範囲をポイントに考えましょう。

  • 比較的新しい車をお持ちの方や、運転経験が浅い方、「単独事故」や「当て逃げ」などが心配な方→一般車両保険
  • 車齢が高い方や、運転技術に自信のある方、補償範囲を限定して保険料を安くしたい方→「車対車+A」車両保険

車両保険の選び方

アクサダイレクトなら身の回り品も補償

車載のゴルフ用品などの損害を10万円まで補償

車載のゴルフ用品などの損害を10万円まで補償

ご契約のお車が衝突、接触、盗難などにあわれて車両保険金を受け取られる場合、車内やトランクに積んだ身の回り品(ゴルフ用品、パソコン、スノーボードなど)(※)に生じた損害に対して「身の回り品保険金」(10万円限度)をあわせてお支払いします。身の回り品とならないものについてはこちらをご覧ください。

車両保険における補償例

車両単独事故

事故状況:カーブを曲がりきれずガードレールに接触。

事故状況:カーブを曲がりきれずガードレールに接触。

損害状況
ご契約車両の修理費 80万円

ご契約内容
車両保険種類 一般車両保険
車両保険金額 100万円
免責金額 5万円(1回目)、10万(2回目以降)

お客さまのご負担

一般車両保険をセットしていない場合

修理費の80万円は全額ご契約者さまの自己負担。

一般車両保険をセットしている場合

車両保険より75万円(修理費80万円−免責金額5万円(1回目の事故))をお支払い。ご契約者さまの自己負担は免責金額の5万円のみです。

交差点内での事故

事故状況:信号・標識のない交差点でご契約車両と相手車両が出会い頭に衝突。

事故状況:信号・標識のない交差点でご契約車両と相手車両が出合い頭に衝突。

ご契約者さまの過失40% 相手方の過失60% 損害状況
ご契約車両の修理費 60万円

ご契約内容
車両保険種類 「車対車+A」車両保険
車両保険金額 70万円
免責金額 5万円(1回目)、10万円(2回目以降)
※車対車免ゼロ特約をセットした場合

お客さまのご負担

相手の方からの賠償金は、
36万円(60万円×相手過失60%)
しか支払われません。

「車対車+A」車両保険をセットしていない場合

修理費の残額24万円は、ご契約者さまの自己負担。

「車対車+A」車両保険をセットしている場合

修理費の残額24万円はご契約者さまの車両保険から支払われますので、ご契約者さまの自己負担はありません。

お支払いする保険金

車両保険金

ご契約のお車が全損となった場合は保険金額の全額、分損の場合は損害額から免責金額(または免責割合)を差し引いた額を車両保険金としてお支払いします。なお、保険金額は、同型式、同年式等で 同程度の損耗度の自動車の市場販売価格相当額にもとづいて契約時に決定します。

車両全損時臨時費用保険金

ご契約のお車が全損となった場合、車両保険金とは別に保険金額の5%(10万円限度)の車両全損時臨時費用保険金をお支払いします。車両全損時臨時費用補償特約(5%)でお支払いするものです。

身の回り品保険金

車両保険金が支払われる場合で、同一の事由により社内やトランクに積んでいる個人所有の身の回り品に生じた損害について、車両保険金とは別に身の回り品保険金(10万円限度)をお支払いします。

その他費用保険金など

損害の発生または拡大の防止のための費用、求償権の保全または行使手続きのための費用、盗難事故のときの車両引取費用、共同海損の分担額をお支払いできる場合があります。

お支払いできない主な場合

  • 保険契約者、被保険者または保険金受取人の故意または重大な過失によって生じた損害
  • 欠陥・摩滅・腐しょく・さびその他自然消耗、故障損害
  • ご契約のお車に定着されていない付属品の単独損害
  • ご契約のお車から取り外された部分品・付属品に生じた損害
  • タイヤの単独損害(火災・盗難を除きます。)
  • 法令により禁止されている改造を行った部分品・付属品に生じた損害
  • 次のいずれかに該当する場合に生じた損害
    1. a.無免許運転
    2. b.麻薬などの影響で正常な運転ができないおそれがある状態での運転
    3. c.酒気を帯びた状態での運転など

車両保険ガイド

*他社から切り替えた新規ご契約者さま自社アンケート結果(2016年12月)より

ページトップへ